矯正治療の種類

「歯並びが悪いから、矯正歯科で矯正をしたい」と考えている方もいると思います。
ご本人の矯正を考えている方もいれば、お子さんの矯正を考えている方もいるでしょう。

 

豊洲の矯正歯科での治療を検討されている方もいるでしょう。

 

歯の矯正というと、「見た目が気になるから、大丈夫だろうか?」と心配になる方もいると思います。
特に、大人の方の矯正の場合には「仕事に支障が出ないだろうか?」と不安に感じている方もいるでしょう。

 

では、歯の矯正の際にはどういった治療方法があるのか、ご紹介しましょう。歯の矯正というと、イメージするのは歯の表面に装置がつけられるものだと思います。
これは、オーソドックスな治療方法となっています。

 

「でも、これだと見た目が気になる」という方も多いと思いますが、歯の表面に着ける際にはセラミック製やプラスチック製といった物も出てきており、目立たないタイプもあるため、こういった装置を選ぶことで目立たせなくすることが出来ます。

 

「装置が見えるのは、嫌だなぁ」と感じている方であれば、裏側矯正という歯の裏側に装置を付けるという治療方法。
仕事をしている方で、接客業をしている方であれば、やはり目立たない治療を選びたいと考えている方が多いでしょうから、この方法であれば気にせずに治療をはじめることが出来るでしょう。

 

その他、歯医者さんによっては、ワイヤーを使ってケアをする方法、インプラントを用いる方法、マウスピースを用いる方法などを取り入れているところもありますから、事前にどういった治療方法がある歯医者さんなのか調べておくと良いかもしれませんね。

 

このように、歯の矯正を行う際には、様々な治療方法があり、見た目も変わってきます。
見た目が気になっている方は、矯正歯科で相談しながら進めると良いですよ。

 

矯正治療時に使う装置の種類

「歯の矯正をしたいけれど、矯正時に装置が目立ってしまうのが嫌」という方もいると思います。
特に、大人になってから矯正をはじめたいと考えている方にとっては、仕事柄人と接する機会が多い方もいるでしょうから、「矯正の装置は、仕事上支障になってしまう」と感じている方もいるでしょう。

 

しかし、今では矯正時に用いる装置も様々な種類があり、目立たない物も増えてきているんですよ。
では、歯の矯正時に用いる装置の種類について、ご紹介しましょう。
まず、一般的な装置としては、金属製の装置。歯の矯正というと、これをイメージする方が多いでしょう。

 

金属製のものは、銀色となっていますから、目立ちやすいというデメリットがありますが、その分費用を抑えて治療を行えるというメリットがあります。
また、比較的他の装置と比べると、歯が動きやすく治療が進みやすいというメリットもあります。
「目立つものは避けたい」という方であれば、セラミックがおすすめ。

 

セラミック製のものは、ブラケットは白いため、金属製の物と比べると、目立ちにくいというメリットがあります。
しかし、金属製の物と比べると強度が弱いというデメリットがあります。
また、プラスティック製のものもありますが、こちらも目立ちにくいですが、変色してしまうというデメリットがあります。

 

ホワイトワイヤーは、最も目立ちにくいという治療方法となっていますが、その分コーティングが剥げてくる可能性があるというデメリットがあります。
その他、デーモンやカラーエラスティック、マウスピースといったものもありますから、矯正歯科で確認してみると良いでしょう。

 

矯正歯科に通い、矯正を行う際には、これだけ装置の種類も多いですから、何を重視するのかによって装置も選び方が変わってくるでしょう。

 

 

更新履歴