ハーフリンガル矯正

歯列矯正において治療の選択肢としてよく挙げられるのが、ブラケットという矯正器具です。
ワイヤーに金属のパーツを通したものを歯に装着することで、
歯列に圧力を加えるというタイプの矯正は昔から今に至っても多くの矯正歯科で活用されています。

 

そのメリットとしては歯に強い圧力を加えられるという点です。
マウスピースによる歯列矯正も最近のトレンドとなりつつありますが、
ブラケットに比べると矯正する力が弱く、取り外せてしまうので患者の扱い方によっては矯正の効果を実感しにくいという問題があります。

 

一方ブラケットにおいても、歯の表側に装着してしまうと外から見たとき矯正中であることが
一目でわかってしまうという点が、特に社会人として働いている方にとっては悩みの種とされてきました。
ブラケットにおけるこうした問題を解決してくれるのが、ハーフリンガル矯正です。

 

こちらは上と下の歯それぞれに別タイプのブラケットを巻くという手法を取り入れています。
上顎の歯には裏側矯正、すなわち舌に近い面にブラケットを装着したうえで、下顎の矯正には表側に装着するタイプのブラケットを使用するのです。
基本的に下顎の歯は唇の影に隠れて見えにくいので、これならば外から見てもブラケットを嵌めていることが分かりにくいのです。

 

ハーフリンガル矯正は下顎の歯を表向きのブラケットにしているので、上下ともに舌側のブラケットを装着するよりも低価格で治療を受けられます。
さらには、舌にブラケットがあたりにくいため、発音が明瞭なまま矯正治療を続けられるのです。
ハーフリンガル矯正について興味が出てきたという人はお近くの歯科医院で話を聞いてみましょう。

 

宇都宮周辺でインプラント治療に対応した歯科医院ならコチラの歯科がおすすめです。

関連ページ

矯正歯科を選ぶポイント
矯正歯科を選ぶポイント
歯の矯正治療の流れについて
歯の矯正治療の流れについて
様々な矯正ケース
様々な矯正ケース
矯正歯科とあご矯正
矯正歯科とあご矯正
歯の矯正で抜歯が必要なケースとは
歯の矯正で抜歯が必要なケースとは
歯列矯正にかかる期間について
歯列矯正にかかる期間について
問題がある噛み合わせの種類について
問題がある噛み合わせの種類について
受け口について知る
受け口について知る