歯列矯正にかかる期間について

どのような治療においても、ゴールが見えないというのは辛いものです。
矯正治療は長丁場であるという話を聞いたことがある人もいることでしょう。
今回は、実際に歯列矯正を受けるにあたって知っておきたい治療期間の目安について詳しくご紹介します。

 

歯科医院における歯列矯正はブラケットやマウスピースといった矯正器具を装着するというものがポピュラーになっています。
ブラケットは歯の表側につけるものと歌川に装着するタイプがあり、それぞれ矯正期間に違いが生まれます。
歯の表側に装着するタイプのブラケットは基本的に2年前後で矯正治療が終わる傾向にあるようです。
締め付けの力が安定している一方で、ブラケットを嵌めている姿が
矯正治療中であることを一目で示してしまうことに抵抗を覚える人もいるかもしれません。

 

しかし最近では前側矯正でも目立ちにくいタイプのブラケットも登場しているので、
気になった方は歯科医師に相談してみてください。
歯列の裏側、いわゆる舌に近い面に装着するタイプのブラケットは
審美的に優れているというメリットがありますが、矯正期間は表側に装着するブラケットよりも
1年前後長くなってしまうという傾向があります。

 

マウスピースによる矯正治療は、1年から2年という期間で治療を終えられることが多いようです。
ただし、マウスピースはブラケットよりも歯に加える圧力が小さく、
比較的軽度の不正咬合に用いられるので、ブラケットと一概に比較するのは難しいといえるのです。
歯並び全体ではなく、一部の歯の歪みを治したいというときには、
歯列全体の矯正よりも短く、半年程度で治療が終わることもあります。
矯正の方法や歯並びの状態によって治療期間が左右されることも多いので、
度の治療方法が自分に合っているのかを見極めたうえで歯列矯正に臨みましょう。

 

Teoデンタルオフィスの公式サイトhttp://www.teo-dent.com/

関連ページ

矯正歯科を選ぶポイント
矯正歯科を選ぶポイント
歯の矯正治療の流れについて
歯の矯正治療の流れについて
様々な矯正ケース
様々な矯正ケース
矯正歯科とあご矯正
矯正歯科とあご矯正
歯の矯正で抜歯が必要なケースとは
歯の矯正で抜歯が必要なケースとは
ハーフリンガル矯正
ハーフリンガル矯正
問題がある噛み合わせの種類について
問題がある噛み合わせの種類について
受け口について知る
受け口について知る