歯の矯正で抜歯が必要なケースとは

健康な歯を抜くことに、抵抗感がある人は多いでしょう。
しかし歯の矯正を行う際に、状況によっては歯を抜かなければいけないケースがあります。
歯を抜かずに、無理に矯正を行うと矯正後に後戻りの原因になったり、矯正が上手くいかなかったりします。

 

ではどういう状況だと、歯を抜かなければいけないのでしょうか?
まず歯がバラバラに生えてしまう原因の1つに、顎の大きさが関係しています。
顎が小さい人は、歯が生えるスペースがないために、歯がガタガタになったり、八重歯になったりします。
つまり顎の小さい人にとって、歯をキレイに矯正するためにはスペースが足りなすぎるため、抜歯する必要があるわけです。

 

また歯並びや噛み合わせを考慮すると、第2大臼歯が斜めの状態では困るため、まっすぐにさせるために他の歯を抜歯することがあります。

 

特に出っ歯の人は、出っ歯を直そうと思ったら、出ている歯を内側に矯正する必要があります。
そうすると、隙間が不足するために、抜歯で隙間を作る必要があります。

 

 

 

歯の矯正を行い、矯正器具を外すと歯が元の場所に戻ろうとすることを後戻りと言います。
そして、抜歯をせずに歯の矯正をした場合は、後戻りが生じるリスクが高くなります。
時間をお金をかけて行った矯正治療が、後戻りで水の泡とならないように、状況によっては抜歯も必要だと覚悟することが大切です。

 

ただし、顎を拡げる、歯を削って小さくする事で、抜歯をせずに矯正治療を行えるケースもあります。
なので、自分にとっては抜歯をするのとしないのと、どちらがいいのか、歯科医と相談して決めて下さい。

関連ページ

矯正歯科を選ぶポイント
矯正歯科を選ぶポイント
歯の矯正治療の流れについて
歯の矯正治療の流れについて
様々な矯正ケース
様々な矯正ケース
矯正歯科とあご矯正
矯正歯科とあご矯正
歯列矯正にかかる期間について
歯列矯正にかかる期間について
ハーフリンガル矯正
ハーフリンガル矯正
問題がある噛み合わせの種類について
問題がある噛み合わせの種類について
受け口について知る
受け口について知る