問題がある噛み合わせの種類について

歯の矯正が必要な状態とは、歯並びがガタガタで見た目が悪いという事の他に、噛み合わせに問題があるケースがあります。
では噛み合わせに問題があるケースをいくつか紹介していきます。

 

「受け口」とは、前歯が上が内側、下が外側になっている状態です。
なぜ受け口になってしまうのかというと、骨格や歯の生え方に問題があるためです。
問題点としては、受け口のままだと奥歯が虫歯になりやすかったり、発音がしにくい状態です。

 

「開咬」は、奥歯が噛みあっている状態なのに、前歯は噛み合わない状態の事です。
そのため常に前歯が空いている状態なので、前歯でモノを噛みきりにくく、また発音もしにくく感じます。
それに顎関節に大きな負担がかかってしまうため、矯正治療が必要です。

 

「叢生」は、生え方が不揃いで、でこぼこな状態です。
そのため、歯磨きがしづらく、注意していても、どうしても磨き残しが生じてしまいます。
そのため、叢生のままだと虫歯や歯周病になりやすく、噛み合わせも悪いため骨格に負担がかかってしまいます。

 

「出っ歯」は、状態を説明するまでもないかもしれません。
前歯が突き出た状態です。
芸能人でもさんまさんなどが、出っ歯で有名ですよね。
出っ歯は見た目の問題だけでなく、様々な問題があります。

 

まず噛み合わせが悪いので、上手く噛み切る事が出来なかったり、口が閉じにくいので口内が乾燥しがちです。
口内が乾燥すると、雑菌が繁殖しやすく、虫歯や歯周病の原因となってしまいます。
また顎にも大きな負担がかかり、顎関節症などになりやすいと言われています。

 

噛み合わせのご相談ならにいむら歯科医院

関連ページ

矯正歯科を選ぶポイント
矯正歯科を選ぶポイント
歯の矯正治療の流れについて
歯の矯正治療の流れについて
様々な矯正ケース
様々な矯正ケース
矯正歯科とあご矯正
矯正歯科とあご矯正
歯の矯正で抜歯が必要なケースとは
歯の矯正で抜歯が必要なケースとは
歯列矯正にかかる期間について
歯列矯正にかかる期間について
ハーフリンガル矯正
ハーフリンガル矯正
受け口について知る
受け口について知る