様々な矯正ケース

歯の矯正というと、「矯正の装置をつければ、歯並びが綺麗になるだろう」と思っている方も多いと思います。
しかし、歯並びが悪くなるのは様々な原因があるため、時には装置をつけるだけではケアが仕切れないこともあります。
そのため、様々な治療ケースがあることも知っておくと良いですよ。

 

 

 

では、矯正治療時の様々なケースについて、ご紹介しましょう。
歯が、綺麗に並ばない原因としては、骨の成長が問題となっていることもあれば、あごの骨の大きさ、顎関節、臼歯部が傾いているなど様々な原因があります。
そのため、矯正用の装置をつけるだけでは改善去れないケースもあります。

 

そんな場合には、抜歯をすることもあれば、骨格に沿った形に、歯列を改善していくというケースもあります。
抜歯の場合には、矯正上やむなく抜歯せざる得ない時に行われることになります。

 

上下のあごがずれていたり、歯列が乱れている場合などには、抜歯を行うこともあるでしょう。
歯と歯の間が狭まっている場合には、骨格に沿って歯列を改善していくことが必要となります。

 

歯の矯正というと、「歯を抜かずに、治療を行う」とイメージされている方も多いと思いますが、非抜歯矯正の場合には、時には無理やり歯を並べようとすることになりますから、後戻りしやすくなったり、ゴリラ顔になってしまうなどデメリットも生じるもの。

 

そのため、信頼出来る矯正歯科で相談しながら、自分にあった治療を行っていくことが大切となるでしょう。
このように、歯の矯正といっても状態によっては様々な治療が必要となることもあります。
事前に歯科医としっかりと相談、確認しながら進めていくことが大切となるでしょう。

関連ページ

矯正歯科を選ぶポイント
矯正歯科を選ぶポイント
歯の矯正治療の流れについて
歯の矯正治療の流れについて
矯正歯科とあご矯正
矯正歯科とあご矯正
歯の矯正で抜歯が必要なケースとは
歯の矯正で抜歯が必要なケースとは
歯列矯正にかかる期間について
歯列矯正にかかる期間について
ハーフリンガル矯正
ハーフリンガル矯正
問題がある噛み合わせの種類について
問題がある噛み合わせの種類について
受け口について知る
受け口について知る