知っておきたい後戻りについて

「歯の噛み合わせをなんとかしたい」と考え、矯正歯科に通うことを決めた方もいると思います。
「一度矯正をすれば、綺麗な歯並びを手に入れることが出来るだろう」と思っている方も多いでしょう。
しかし、歯の矯正の際には、治療後に後戻りしてしまうこともあるため、これらも理解しておく必要があります。

 

http://avenue-dc.com/

 

では、矯正歯科で行う矯正の後戻りについてご紹介しましょう。
後戻りとは、どういったことを言うのかというと、装置を怠ったりすることで、元の歯列に戻ってしまうという状態。
せっかく、時間やお金をかけて治療をしたにも関わらず、元の状態に戻ってしまっては意味がありませんよね。

 

「後戻りをしないためには、どうしたら良いの?」と思われる方も多いと思いますが、後戻りを避けるためには、油断せずに治療が完了となるまで、しっかりと装置を付けていくことが大切。

 

歯の矯正には、どうしても時間がかかってしまいますから、焦らず、じっくりと取り組んでいくことが大切となります。
中には、治療完了後に後戻りをしてしまうケースもありますから、歯並びが直ったとしても油断してはいけません。

 

矯正歯科によっては、その後保定期間を設けているところもありますから、「おかしいな」と思った時には、すぐに矯正歯科で相談することがおすすめ。
早めにケアすることが出来れば、その分治療も早く終わりますからね。

 

歯の矯正というと、「一度矯正をすれば、綺麗な歯並びが維持できる」と思っている方も多いと思いますが、中には後戻りといった状態を起こしてしまうケースもあります。

 

こういった後戻りを避けるためには、やはり焦らず、根気よく治療をしっかりと続けていくことが必要となるでしょう。

 

関連ページ

大人の矯正と子供の矯正の違い
大人の矯正と子供の矯正の違い
親が子供に気を付けてあげることとは?
親が子供に気を付けてあげることとは?
子供の歯科矯正にかかる費用とは?
子供の歯科矯正にかかる費用とは?
矯正の最適な時期
矯正の最適な時期
矯正治療中に親が管理してあげることについて
矯正治療中に親が管理してあげることについて