親が子供に気を付けてあげることとは?

子供が矯正を始めるにあたって親が気を付けてほしいことがあります。
いきなり子供に歯列矯正を始めさせても嫌がることがほとんどですので、まずはメンタルケアに気を付けてあげましょう。
歯並びや噛み合わせが良くないとどのような影響があるかを伝えてあげると良いです。
歯並びが悪いと見た目で損することやしっかり食べ物を噛めないこと、
噛み合わせが悪いと発音が上手くできないことや顔の形が歪んでしまうことなどを教えてあげましょう。

 

それに他にも矯正治療を受けている子供がいることを教えてあげると良く、
自分だけが矯正しているんじゃないと思わせてあげることで、みんなと一緒に頑張ろうという思いが出てきます。
また治療が始まると矯正装置を付けるのですが、
その装置を付けていると物を食べたときに痛くなったり邪魔になったりしてストレスになってしまうことがあります。
そうしたときに頑張っていることをたくさん褒めてあげることも大切です。
褒めてあげることで嬉しくなって治療を続けてくれます。

 

それと新しい矯正装置を付けたときに食べ物を食べたときは、
けっこうな力がかかって痛みを伴うことがありますので、食事は柔らかくて食べやすい物にしてあげると良いでしょう。
どうしても矯正治療を嫌がるときは、インターネット上にある歯並びが悪い写真を見せてあげ、
その後に矯正治療を受けて綺麗になった歯並びの写真を見せてあげるのも良いです。
子供のために親が気を付けてあげるのは当たり前なことと言えますが、
大変なこともありますので根気よく頑張ってあげましょう。

 

れおファミリー歯科なら親子で安心して通えます。

関連ページ

知っておきたい後戻りについて
知っておきたい後戻りについて
大人の矯正と子供の矯正の違い
大人の矯正と子供の矯正の違い
子供の歯科矯正にかかる費用とは?
子供の歯科矯正にかかる費用とは?
矯正の最適な時期
矯正の最適な時期
矯正治療中に親が管理してあげることについて
矯正治療中に親が管理してあげることについて