矯正治療中に親が管理してあげることについて

子供が矯正治療を始めたときに、親はどのような管理をすれば良いのかを気にしてしまうのではないでしょうか?
親も子供も矯正に慣れていないのでお互いに不安になることがたくさんありますが、
親がしっかり管理してあげなければいけませんので、管理のポイントについて知っておきましょう。

 

取り外し可能な床矯正がありますが、この矯正方法は顎を広げたり歯を押し出して正しい位置に動かすための方法です。
床矯正で管理してあげることは、外したときに無くさないようにすることや外しても良い状況を教えてあげること、
汚したらしっかり洗うことや装着時間を管理してあげることです。

 

永久歯が生えてくると歯に器具を固定してワイヤーを通すブラケット矯正を受けることがあります。
このブラケット矯正は器具を取り外せませんが管理してあげることはあります。
歯の痛みを確認してあげることやワイヤーが奥歯に当たっていないか確認してあげること、
歯と装着している器具のお手入れや調整のために矯正歯科に通院することです。
痛みや当たってないかの確認はすぐにできますし、お手入れは矯正器具用の歯ブラシで綺麗にしてあげましょう。
通院はワイヤーを取り替えたり歯のクリーニングも行ってくれますので、月に1回は必ず連れて行きましょう。

 

こうした管理は子供だけでは無理ですので矯正をスムーズに進めるためにもしっかり管理してあげましょう。
また管理を怠ると虫歯や歯周謬になってしまい、
矯正治療を中止しなければいけない可能性も出てきますので気を付けてください。

 

C&Cデンタルオフィスなら、家族に対するフォローも抜群です。

関連ページ

知っておきたい後戻りについて
知っておきたい後戻りについて
大人の矯正と子供の矯正の違い
大人の矯正と子供の矯正の違い
親が子供に気を付けてあげることとは?
親が子供に気を付けてあげることとは?
子供の歯科矯正にかかる費用とは?
子供の歯科矯正にかかる費用とは?
矯正の最適な時期
矯正の最適な時期