大人の矯正と子供の矯正の違い

小児歯科矯正とは子供の歯の矯正治療のことを言いますが、
歯並びや噛み合わせを良くするために矯正歯科や小児歯科で行います。
この子供の矯正治療と大人の矯正治療では治療方法などに違いがあります。

 

子供矯正と大人矯正の大きな違いは、アゴが狭いことや受け口などの骨格的な不正を改善できる点です。
小児矯正はアゴの成長のコントロールが可能な成長期に行う矯正治療で、
成人矯正はアゴの成長が終わってから行う矯正治療なのです。
それに永久歯が生えていない子供の場合は、永久歯をきちんと生えさせてあげるためにスペースを確保してあげます。
これに対して大人はすでに歯並びが出来上がっているので全体を治療するという違いもあります。

 

また大人になってから矯正治療を受けるのは審美的な理由がほとんどです。
歯並びが気になって口を大きく開けられないことや口元が突き出していて恥ずかしいと思うこと、
アゴが大きいのがコンプレックスになっている人などが、見た目を気にして治療を受けています。
一方で子供が矯正治療を受けるのは噛み合わせを良くしてしっかり物を食べられるようにしたり、
永久歯を綺麗に生えさせたりするために受けることがほとんどです。

 

費用は子供の矯正治療より大人の矯正治療のほうが少し高いとされており、
子供が平均で40万円くらいなのに対し大人は100万円くらいになります。
このような治療の違いはありますが、
大人も子供も早めに治療を受けたほうが良いので気になる人は矯正歯科に相談してみると良いでしょう。

 

確かな施術の歯科をお探しなら西新宿のS&Aデンタルクリニックがおすすめです。http://www.sa-dental.tokyo.jp/

関連ページ

知っておきたい後戻りについて
知っておきたい後戻りについて
親が子供に気を付けてあげることとは?
親が子供に気を付けてあげることとは?
子供の歯科矯正にかかる費用とは?
子供の歯科矯正にかかる費用とは?
矯正の最適な時期
矯正の最適な時期
矯正治療中に親が管理してあげることについて
矯正治療中に親が管理してあげることについて