受け口について知る

人間の骨格の基本として、上顎の歯が下の顎の歯よりも前に来るという構造になっています。
これが正しい噛み合わせであり、口を閉じたときに下顎の歯が
上顎の歯よりも前に来てしまう症状は不正咬合の一種である受け口の呼ばれているのです。
受け口は通常の噛み合わせよりも食物を噛むのが難しくなっているのが特徴です。

 

歯科医院では矯正治療によって受け口を改善することが出来ます。
受け口の原因として遺伝的要素が関わっていることもあります。
親族や両親が受け口の場合、その親類及び子供も受け口であるというケースが見られるのです。
これ以外の原因としては環境的要因も考えられます。
皆さんは小さい頃に指をしゃぶる癖はありませんでしたか?

 

最新の設備が人気 荒川区で評判の歯医者

 

指をしゃぶる際に下顎を頻繁に使っているせいでそちらが発達してしまい、受け口になってしまうこともあるのです。
指しゃぶり以外の癖を持っている人も、受け口になりやすい環境の中で生きているといえます。
例えば口で頻繁に呼吸している人はご注意ください。
口呼吸を繰り返すと舌の位置が徐々に下がってしまい、
下顎を前に出して口を開きながら呼気を確保しようと努めることになるのです。
その結果、下顎の骨格が徐々に変形し、受け口に近い顎の形に変わってしまいます。

 

頬杖もまた受け口の原因の一つです。
下から顎に圧力がかかることで、その方向に骨格が変化します。
頬杖などの外的圧力は、受け口だけでなく出っ歯などの不正咬合の原因であることも覚えておきましょう。
歯科医院での受け口の矯正は、ブラケットをはじめとした矯正器具を用いる方法や、
差し歯を挿入して歯の形を整えるといったものがあります。
受け口を治療したいという人は歯科医院を訪ねてみてください。

関連ページ

矯正歯科を選ぶポイント
矯正歯科を選ぶポイント
歯の矯正治療の流れについて
歯の矯正治療の流れについて
様々な矯正ケース
様々な矯正ケース
矯正歯科とあご矯正
矯正歯科とあご矯正
歯の矯正で抜歯が必要なケースとは
歯の矯正で抜歯が必要なケースとは
歯列矯正にかかる期間について
歯列矯正にかかる期間について
ハーフリンガル矯正
ハーフリンガル矯正
問題がある噛み合わせの種類について
問題がある噛み合わせの種類について